歯科助手になるには

歯科助手になるには?

皆さんも一度は憧れる職業として、医療系の職業があります。

 

ミスが許されない、過酷な印象も受けるのですが、それ以上に人のためになっている感じと医療系とあって安定した収入が得られる点について、魅力を感じることが多いようです。

 

そんな中でも、歯科助手の人気が高いのはご存知でしょうか?

 

印象として、医療系の中でも庶民的な感じを受けることもあって、なりやすそうという点で人気なのでしょうが、実際に歯科助手になるためには、どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか?

 

今回は、歯科助手になるための方法について紹介していきます。

 

歯科助手の仕事を知ろう!

まずは、歯科助手がどんな仕事をする職業なのかについて知っておきましょう。

 

歯科助手といえば、何と言っても歯医者さんの助手というイメージがあります。

 

歯科医に器具を渡したり、うがいの補助をしたりと何かとお世話になるわけですが、実際にはそれだけではなく受付などの事務的な仕事をするケースもあります。

 

特に、規模の小さな歯医者ですと、オールマイティな能力が問われてくることになりますので、歯科助手は歯科医以外の仕事を一手に引き受けるといっても過言ではありません。

 

歯科助手になるには?

では、本題に戻って歯科助手になるためにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか?

 

医療関係ですので、資格が必要なのでは?と考えてしまいますが、実は資格無しで歯科助手になることができるんです!

 

但し、実際には民間資格ですが歯科助手資格が用意されていて、それを取得した方でないといきなり実戦でバリバリ働く事はできません。

 

歯科助手に関する資格については、いろいろな種類が用意されていて、例えば事務系の仕事のみの資格も存在します。

 

自分が入りたい歯科医院の規模などを考慮して、どのような資格が最適であるかをしっかり検討する必要があります。

 

その上で、費用対効果を考えて、資格を取得することを推奨します。

 

但し、ひつこいようですが資格自体は不要であり、腕一本でやっていくことも可能ですよ。