歯科助手 資格 メリット

歯科助手の資格を取得するメリット

歯科助手の資格を取得するメリットについて書いていきたいと思います。

 

皆様もご存知の通り、歯科助手は資格が無くても働く事が出来ますが、採用する側の立場に立って考えてみれば分かると思いますが、全く予備知識が無い人と、既に資格を取得してある程度、専門知識が備わっている人を比べて見た時に、知識を身につけている人間を優先的に採用するのは当然の事だと思います。

 

ですので、私は可能な限り、資格を取得してから、歯科助手の仕事に就くことを推奨しています。

 

歯科助手の仕事の魅力は、正社員・フルタイム・パートと幅広い雇用形態があり、医療機関ということで安定して雇用を確保できる職種だと言うことです。現在、家事・子育て中の主婦はもちろん、プライベートを充実させたいと考えている女性にとって非常に人気のある職業です。

 

人気があるということは、逆に言えば、今後競争率がさらに上がり、全くの素人では中々雇用に就く事が難しい職業になってくることが予想されます。

 

業界の動向を考慮しても、早い段階で資格を取得し、実務経験を重ねた方が採用の確率は高くなりますし、一度専門知識を身につけてしまえば、その後の仕事の負担もはるかに少なくなる事を考えると、資格の取得はマストだと言えます。

 

現在、歯科医院の数はコンビニよりも多いと言われており、全国どこでも働ける事も大きなメリットになります。歯科助手の資格は、専門学校に通わずとも、通信講座で取得する事が出来ますし、費用も非常に良心的な価格に設定されています。

 

例え、今まで実務経験が無くても、資格を取得することで、歯科助手として働く意思、知識を貪欲に吸収しようとする姿勢は伝わります。

 

資格取得後に実際に医療の現場で働く事が無くても、自分自身、家族の口腔衛生について、的確に診断し、アドバイスをするだけでも、資格を取得する意味はあると言えるのではないでしょうか。