インレー修復

インレー修復

歯にはどんな役割がある?

人間が生きていくために必要な食べ物は、全て口から取り入れます。口の中に入った食べ物は、歯で細かく噛み砕き、舌で味を感じ、舌を使って唾液とともに食道へと送り込みます。

 

この一連の流れに関しては、意識しなくてもすることが出来ると思います。しかしながら、前歯がなかったり、唇や舌が思うように動かなかったらどうでしょうか。

 

物が食べにくかったり、話すときの発音もはっきりと聞き取りづらくなってしまいますから、口の健康を保つことはとても大切です。

 

他にも、体全体の姿勢やバランスを取ったり、食べ物を咀嚼することで脳に刺激を与えたり、呼吸をしたりと・・・口はとておも大きな役割を果たしています。

 

また物を食べる時の役割は、永久歯は親知らずも含め32本の歯で、その形状も3種類に分けることが可能です。切歯は、食べ物を噛み切り、犬歯は、食べ物を引き裂き、臼歯は、食べ物をすりつぶす役割を担っています。

 

 

 

 

【インレーの製作行程】

歯の詰め物の材料は、金属、レジン、陶材などさまざまです。なかでも適合性、耐久性、予知性を兼ね備えたものとして、ここでは金属の修復法を 説明いたします。ムシ歯の治療として、歯を削る量の少ないこのインレー修復の予後の良し悪しによって、さらに歯を削らなくてはならない次の治療へのステップになるかどうかが決まってしまうのです。技工物の良し悪しは、歯科医院を決める重要な条件の一つです。特にインレーは治療頻度が多く、技工製作の基本が詰まった技工物なのです。1印象採得。治療部位の型をシリコン印象材で精密に採り、その印象 に石こうを少しずつ丁寧に流し込みます。2模型製作。印象材から硬化した石こうを取り外し、作業し易いようにまた精密に製作し易いように模型を加工します。3ワックスアップ。欠損した部分を歯科用のロウ (ワックス) で回復します。ロウ(ワックス)を熱で溶かし、欠損部に少しずつ盛り上げていきます。ロウ(ワックス)は硬化する時に収縮する性質があるため、硬化するまで圧接して、 変形を最小限に抑えます。4埋没。ワックスが硬化したら、次に、変形しない様に丁寧に模型から外し、鋳型材の中に埋没します。5焼却。埋没後、1時間以上放置したら、ファーネス(電気炉)の中に入れます。常温から700℃まで炉内の温度を上げていき、鋳型材の中のロウ(ワックス)を焼却します。6金属溶解。ファーネスでロウ(ワックス)を焼却した鋳型材に、溶かした金属を圧力を加えて流 し込みます。金属の種類によって溶解方法、ファーネスの炉内温度、埋没材の種類は異なります。今回使用した金合金は、熱源に燃焼ガスと空気を使った溶解方法を使います。7鋳造。鋳造圧の加え方も様々な方法がありますが、今回使用した金合金の場合は遠心力を利用した遠心鋳造法で鋳込みます。8酸浴。常温まで冷ました鋳型材の中から、丁寧に、鋳込まれた金属を掘り出します。そしてその金属を薬液に漬け、酸化膜を除去します。9研摩。ザラザラした金属の表面を研磨することにより滑沢に仕上げていきます。研磨は大きく3つに分類されます。1、荒研磨。カーボランダム、ホワイトポイント使用2、中研磨。シリコンポイント使用3、仕上げ研磨(最終研磨)。ブラシ、バフ使用。1つ1つの過程を正確かつ丁寧に行う事により、滑沢な研磨面 が得られます。それにより、口腔内での異物感をなくし、プラークの付着を少なくします。10完成・装着。最後にインレーの適合およびコンタクトの状態を模型上でチェックして完成となり ます。