虫歯 原因

虫歯の原因について

たまに生まれてこのかた歯を磨いたことがない、と話している人がいます。さらに驚くことに、歯磨きをしないのに虫歯はゼロ、口臭もないというのです。実はこういう人は結構いるものです。なぜ歯磨きをしないのに虫歯にならないのでしょうか。

 

一方、マメに歯磨きをしているのに、次々と虫歯になる人がいるのはなぜでしょうか。私が歯科助手の資格を取得後に、働き始めた歯科医院の先生は、歯磨き信仰は良くないと考えていました。

 

食べた後に口の中を綺麗にしてさっぱりしたいという気持ちや、口臭の防止をするために歯を磨くことは否定しませんが、歯磨きによって100%虫歯を予防できるというのは正しくはありません。

 

虫歯予防をするうえでもっと大切なことは、噛み合わせのバランスを良くしていくことです。噛み合わせバランスが悪いと特定の歯だけに負担がかかり、虫歯になりやすく、噛み合わせバランスが良いと全ての歯に均等に負担がかかるので、虫歯にもなりにくいのです。

 

歯磨きをすると虫歯にならない、という話の根拠は虫歯の原因となる虫歯菌の退治ができるからというものです。虫歯を引き起こす原因はミュータンス菌という細菌になりますが、虫歯になった歯を調べていくと必ず虫歯菌が関係しています。

 

虫歯菌の好物は、甘い糖分であり、歯に糖分がつくことで酸を出し、歯の表面のエナメル質を溶かす=脱灰するのも事実なのです。しかし、虫歯の原因が虫歯菌だけによるものであれば、他の歯も虫歯菌の影響によって虫歯にならなければ話の辻褄が合わなくなります。

 

虫歯菌は、唾液で口の中を自由に移動します。もし右上の歯が虫歯菌に侵されているならば、その歯と噛み合う右下の歯にも虫歯菌がつき虫歯になるのが当然だし、虫歯の原因が虫歯菌のみが原因であるならば、歯が1本ずつバラバラに虫歯になるという事に関しても説明することができません。

 

ですから、虫歯菌に蝕まれやすい歯ができることこそが虫歯になる真の原因だと言えるのです。歯が虫歯になる大まかな流れは、噛み合わせバランスが悪くなり、特定の歯に強い力が掛かり、負担に耐え切れず歯のエナメル質や象牙質が壊れ、歯に微細な隙間ができ、歯がもろくなり虫歯菌に侵されやすくなるのです。

 

虫歯菌におかされやすい歯は、噛み合わせのバランスの良し悪しが影響しています。噛み合わせバランスが崩れると、特定の歯に噛む際に大きな力が掛かります。
この状態を、歯にかかるストレスの集中、と歯科業界では言われていますが、特定の歯に大きな力が常に掛かるようになると、歯はその負担に耐え切れずにエナメル質や象牙質が壊れ、隙間が出来てきます。

 

狂った噛み合わせバランスは虫歯だけでなく、歯茎の炎症である歯周病の原因にもなります。私が歯科助手として働いている歯科医院でもいつも言っていることですが、歯の治療をするときは噛み合わせバランスを狂わせないことが最も大切なことと考えているのがいい歯医者だと言えると思います。

 

しかし、治療をしたことでかえって噛み合わせバランスが崩れたという悪い歯医者の例があまりにも多いのが、今後の日本の歯科業界の課題になってくると思われます。