口腔外科 歯周病治療

歯周病治療について|口腔外科

皆さんは、自分の歯の健康を正しく認識していますか?固いものが食べにくくなったのは年のせい、歯は年とともに悪くなり、いずれは抜け落ちてしまうものなどと、あきらめてはいませんか?

 

成人の8割以上が歯周病に掛かっていると言われている日本では、残念ながら歯の疾患の正しい知識や、予防への意識が低いといえるでしょう。日本人の多くは、歯周病は特別な病気、自分は掛からないと考えているようです。また、歯周病で歯を失うことなど、想像もしていない人が数多くいるのではないでしょうか。

 

その証拠に、よほどの歯痛が無い限りは、歯科医院は受診しない人が少なくありません。しかし、歯痛のようなはっきりした症状が現れた時には、すでに歯の疾患はかなり進んでいるのです。

 

当サイトでは、代表的な歯の疾患である歯周病について、そのメカニズムや治療法も紹介していきたいと思っています。歯科医院を受診する前に充分な予備知識を持って、正しい歯科医院の選択を行っていただければ幸いです。

 

まずは、見過ごされがちな歯周病の症状からチェックをしていきましょう。年のせい、また体質のせいだと諦めていた症状も、実は歯周病を知らせるサインかもしれません。

 

毎日欠かさず歯磨きをしているから大丈夫という人も、一度の歯の健康をチェックしてみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

【根管治療について】

歯周病はあまり痛みを伴わずに進行するため、歯科医院を訪れた時には病状が悪化しているということも少なくありません。歯周病は、『細菌感染』と『不適当な噛み合わせ』によるものでありますが、高血圧や癌、糖尿病などと同じく遺伝的な素因と喫煙や肥満及び妊娠や思春期のホルモンの変化など環境的な素因も大きく関わって進行してしまうのです。歯周病は治療をすることよりも、よく原因を理解し、未然にコントロールすることによって予防することが大切なのです。 20歳・男性の症例:初診時、ブラッシング不足によるプラークの付着と若年性歯周炎による歯肉の腫脹、出血。半年後、徹底したプラーク・コントロールにより歯周炎の大幅な改善が見られる。口腔内で細菌が繁殖する栄養の源は、口腔内に残った飲食物の残渣であり、エネルギー源が豊富であればあるほど細菌の種類・分裂速度は加速され増えていきます。また歯周炎が進行するにつれ歯のまわりの歯肉溝(歯周ポケット)は深くなり、細菌の侵入・増殖が起こり細菌数も増えていきます。口腔内は常に約37度・湿度100%という繁殖するにはこれ以上ないほどの好条件にあるため、毎日何百億という細菌が増え続けています。また細菌は口腔内を浮遊しているわけではなく、歯の表面に集落を作り固着・増殖しフィルム状の膜をつくります。(バイオフィルム)これにより抗菌含嗽剤などだけでは、あまり効果はなくブラッシング清掃を徹底して除去しないかぎり治癒は望めないのです。つまり口腔清掃が悪く、食べかすが放置されているということは口腔内で細菌を飼育しているのと同じことで、いわば台所の生ゴミ置き場と同じ状態になるといっても過言ではありません。  このようにして細菌が口腔内に増え、唾液などの免疫防御の働きをこえて歯肉に炎症が起こり始めると体の中で様々な反応が起こります。これにより歯の周りの歯槽骨では、骨組織の恒常性を保っているはずの骨を造る細胞(骨芽細胞)と骨を破壊する細胞(破骨細胞)のバランスが崩れて、骨の吸収が起こるのです。このようにして歯を支持している骨の吸収が起こり始めると歯がグラグラと動揺するようになり、咬合全体のバランスが崩れはじめます。特に臼歯での動揺の増加や臼歯の喪失は、周囲及び前方の歯での歯周病の進行を早めてしまいます。さらには咬合位の低下をまねくと筋活動の全体的な平衡を乱し、また顎関節に障害を与えてしまう場合もあります。